荏原医師会立看護高等専修学校_同窓会
同窓会規約
会 則
第1章 総則
第1条 本会は、荏原医師会立看護高等専修学校同窓会と称し、事務局を同校内に置く。
第2条 本会は、会員相互の親睦を図るとともに、母校の発展に寄与することを目的とする。

第2章 事業
第3条 本会は、前条の目的を達成するために、以下の事業を行う。
(1) 総会を開き、連絡・調整を図る。
(2) その他、目的達成のために必要と認める事業を行う。

第3章 会員
第4条 本会の会員は次の者をもって組織する。
(1) 正会員 本校卒業生
(2) 特別会員 本校の現・旧職員

第4章 役員
第5条 本会に次の役員を置く。
会長1名、副会長2名、会計2名、代表理事若干名、監事2名
第6条 役員の選出は次のとおりとする。
(1) 会長、副会長、会計、監事は理事会において選出する。
(2) 理事会は総会において選出された者及び母校卒業生より選出する。
第7条 役員の任務は次の通り定める。
(1) 会長は本会を代表しその運営を統括する。
(2) 副会長は会長を補佐し、会長事故ある時は、その職務を代行する。
(3) 会計は本会財政の運営に関し予算収支の企画および収支の執行に当たる。
(4) 代表理事は本会の重要事項を審議し、常務を執行する。
(5) 監事は本会の会計監査に当たる。
第8条 本会に名誉会長を置き、母校校長を推戴する。
第9条 役員の任期は2カ年とする。但し再任は妨げない。

第5章 会議
第10条 本会の会議は総会、理事会とする。
第11条 総会は必要に応じ開催する。
第12条 総会は会長がこれを招集し、出席の過半数で決定し、可否同数の時は議長が決定する。
第13条 理事会は次の場合に開催する。
(1) 会長が必要と認めたとき
(2) 理事の過半数の請求があったとき
第14条 理事会は総会に次ぐ決議機関で次の事項を決定する。
(1) 本会の規約の作成変更および役員選出
(2) 収支予算ならびに決算
(3) 事業の計画およびその他の重要な事項

第6章 会計
第15条 本会の財政は会費、寄附金、その他の収入によってまかなう。
第16条 正会員は入会金1000円を納める。
第17条 本会会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第7章 その他
第18条 当分の間入会金は在校時に徴収する。

第8章 付則
第19条 この規約は、平成22年6月5日より施行する。

Copyright © 荏原医師会立看護高等専修学校 同窓会 All rights reserved.