荏原医師会立看護高等専修学校_同窓会
沿革
昭和38年 前身の副看護学校を開設する。
昭和43年 4月 荏原医師会附属准看護婦学校を設立する。
昭和46年 4月 各種学校に昇格する。
昭和52年 4月 専修学校の許可を受け、荏原医師会立看護高等専修学校と改称する。
平成11年 6月 荏原医師会の創立50周年と新会館落成記念及び式典祝賀会とともに、学校の創立30周年を催した。
平成12年 3月 保護者会の賛助を得て、2階教室の整備を行い、校内実習室を確保した。
平成13年 3月 教務事務室を1階に移動し、同階に図書室を設けて、閲覧室を広くした。
平成14年 3月 法改正に伴って、准看護職の名称が「准看護師」となった。
4月 新カリキュラムに則して、精神・母子・老年実習の充実のため、各実習病院・施設・保育園を確保した。
制服を廃止し、入学試験選考科目を「国語」「一般常識」問題と変更した。
3階講堂の壁床・階段の床・校内実習室を補修し、生徒の教育環境を整えた。
平成15年 6月 2年生の宿泊研修を再開した。
平成16年 8月 校内トイレの整備を保護者会の賛助を得て行った。
平成24年  3月 第43回生卒業式
閉校式・惜別の宴開催

Copyright © 荏原医師会立看護高等専修学校 同窓会 All rights reserved.